サイトの量産


今年に入って、まもなく1ヶ月が経とうとしています。。。

すっかりご無沙汰してしまいました。

ところで、SEOでいうと、私は昨年あたりから、随分変化をしたと感じていたわけですが、他のSEOサイトなどを見ていても、2014年に大きく変わったと思っている方が多いようです。

そういう意味では、私の感性もまだまだ鈍っていないと多少安心したのですが、本当のプロなら、変化を感じた時点で対応できないと行けないのですが、私と言えば、まだまだ、対応に追われてると言うのが正直なところです。

そんなわけで、このサイトも放置状態だったわけです。

さて、今回のテーマですが、サイトの量産です。このサイトの量産について、最近ぼんやり考えていることを、書いてみようと思います。

アフィリエイターと言えば、サイトを量産することで稼ぐというのが、だいたい王道です。

ましてやSEOをするためには、サテライトと言われるサイトをたくさん持ってリンクを送るリンクビルディングが、主たる要素だったわけです。

ところが、昨年あたりから、こういう手法が通用しなくなってきました。

いえ、全然、通用はするのですが・・・

この手法で、上がるか上がらないかというと、それは2015年に入った今でも、間違いなく上がります。

しかし、上がりますが、その後で、かなりの確率で飛んでしまいます。

それは、サイトのでき次第だろうと私は思っていて、リンクビルディングが原因かどうかは不明ですが、なんにしても飛んでしまいます。

そもそもアフィリエイトサイトの場合、そんなに作り込まないというのが従来の鉄則で、作り込むより量産した方がいいという感じだったのですが、これがかなり難しくなってきたといえるでしょう。

逆に、リンクビルディングをあまりしなくても、サイトが良くできていると、勝手に上がっていってくれます。ですから、どちらかというと、私も最近は、リンクビルディングをすることはほとんど無くて、サイトを作ることに80~90%くらいの時間を割いています。

リンクを全く送らないと、たぶんダメなので、多少は、リンク付けもしますが、サイトはそれなりの数を作りますし、内部リンクも、リンクの一部ですから、改めてサテライトサイトを作らなくても、何とかなってしまうというのが、現状かと思います。

そんなわけで、サイトは量産しない方向なのですが、それでも、やはり、サイト数というの、そこそこの数があります。1つや2つではなくて、100や200はあるわけで・・・もっとあるわけですが・・・

今は、そんなサイトの統廃合をしながら、リニューアルをしています。

今まではリンクを送ることを目的に作っていましたので、サイト自体にアクセスを集める必要はなかったのですが、今は、アクセス数というのは、一つの重要なファクターですから、これを無視したサイトというのは、効果はあまり期待できず、足を引っ張るだけのサイトといえます。

ですから、そういうサイトはどんどん消えていって貰おうと言うことです。

たぶん、日本中のSEOをしている人の多くが、似たようなことをしだしているのではないかと思っています。

ただ、こういうことをしていて思うのは、きっとGoogleはそういうことを望んでいるんだろう!と言うことです。

過去を振り返れば、こうしてみんなが同じ方向に動き出してしばらくすると、元に戻る・・・と言うことはよくあることです。

今回も恐らく、来年か再来年には、リンクの効果が叫ばれる時が来るのではないかと思っています。その場合も、アクセス数があるというのが前提であろうかと思いますが、リンクのないサイトというのは、やはり厳しいんだろうと思います。

それはともかく、今必要なことは、アクセス数のあるサイトを持つということです。できればたくさん欲しいところではありますが、別に少なくても構わないでしょう。

それよりは、確実に1サイトずつ確実にアクセスを集める施策をすべきだと感じています。

そして、ある程度アクセスが集まった後、検索上位になって、そして、しばらく経っても落ちないようだと、そのサイトはとりあえず、成功です。

しばらく経って落ちる場合、多くの場合は、サイトのできが悪いと考えた方がいいでしょう。

このあたりは、統計的に自動処理されていると私は考えています。直帰率や滞在時間などなどから統計的に劣るサイトは、下がっていくイメージです。

統計学を少しでも学んだことのある人はおわかりだと思いますが、ほんの少しのサンプリングでも、結構な確率で予測することが可能なのです。視聴率調査なんかもそうですよね。

Googleもそのあたりのデータを使って、アルゴリズム的に組み込んでいるんだろうと思います。

最初は目視を考えていましたが、目視はあくまでも、その統計データの精度を高めるために使っているんだろうと思います。

少し話が逸れていきましたが、つまりは、サイトを量産するなら、喜んで貰えるサイト作りというのが原則だろうと言うことです。

完璧を最初から目指す必要はないですが、ある程度アクセスが集まりだしたら、アクセス解析などをみながら、サイトの中身を修正していくというのは大事なメンテナンスの一つだと考えます。

サイトの更新というのは、一般的にはページの追加と考える人が多いようですが、私は、ページの追加よりは、ページのチューニングの方が大事だと考えています。アクセスの多いキーワードにあわせてチューニングしていく感じです。

こうすれば、上位に残り続けることが可能だと考えています。

そして、完成したら、後は、適当にメンテナンスし続ける感じですね。

メンテナンスは必要ですから、1人あたりの管理サイト数には限界があろうかと思いますので、そのあたり、あまり欲張らない方がよさそうです。

将来のリンクパワーが必要な時代に向けて・・・なんて言ってると、その前に死滅しちゃいますよ。

まずは、サイトの出来映えを重視して、そして、量産していきましょう。いや、まあ、量産しなくてもいいと私は思っているんですけど・・・

なんか、テーマとちょっと話がズレちゃったな。

また、もうちょっと考えがまとまったら、また、書くことにします。

2015/01/27 8:49:50